メディカルオイル

メディカルグレードのエッセンシャル

のご紹介

メディカルアロマテラピーとは

植物から抽出された精油を利用するメディカルアロマテラピーの特徴は、人間の身体に生まれながらに備わっている自然治癒力を高めることにあります。

(1)発祥の地

メディカルアロマテラピーはフランスで発祥しました。

日本で漢方薬が治療法として活用されてきたように、ヨーロッパでは昔からハーブがとても身近な存在で、人々の暮らしに寄り添ってきました。特にフランスやベルギーでは、医療として認められているメディカルアロマテラピーの活用が盛んで、1930年頃にはすでに体系化されていたのです。

(2)日本のアロマテラピー

一方イギリスでは、医療としてではなく植物の香りを利用したリラクゼーション効果を得るために用いられています。日本に最初に入ってきたのがこのイギリス式だったため、日本ではリラクゼーションの視点から利用されるアロマテラピーが主流になったのです。

(3)日本でのメディカルアロマテラピー

1990年代に入ると、心身に働きかけるアロマテラピー効果の高さを認めた人々の働きかけによって、日本でもアロマテラピーを医療現場で活用しようと協会が設立されはじめました。一般的なアロマテラピーはイギリス式、メディカルアロマテラピーはフランス式と区別すると分かりやすいでしょう。

メディカル・アロマ テラピーのアプローチ

薬品の投与や手術という医療手段のみに頼らず、穏やかに人間の治癒力を引き出すメディカルアロマテラピーは、さまざまな診療科目で活用されています。

* 心療内科・精神科…うつ症状や不安、悩みの緩和眼科

* 歯科…麻酔の補助的な役割で、緊張緩和産科

* 婦人科…月経前緊張症(PMS)や更年期障害、不妊症などの改善をはじめ、出産時の痛みの緩和

* 皮膚科…アトピー性皮膚炎の改善

* 耳鼻科…鼻炎症状の緩和

* 整形外科…血行障害や肩こりの緩和

植物の有効成分が濃縮された精油を嗅ぐことで脳に作用させる方法と、お肌への塗布や吸入、経口摂取によって臓器や各器官へ作用させる方法などがあります。

ただし健康保険の適応対象外であることや科学的な立証データが不足していることから、積極的にメディカルアロマテラピーをとり入れている病院はまだまだ少ないのが現状です。

しかしながらストレスにさらされることが多い現代において、健康増進効果や病気の予防に役立つメディカルアロマテラピーの需要はますます高まっていくことでしょう。

薬品の投与や手術という医療手段のみに頼らず、穏やかに人間の治癒力を引き出すメディカルアロマテラピーは、さまざまな診療科目で活用されています。

メディカルアロマテラピーで注意すること

日本の法律では、皮膚に塗布するものには「化粧品」、飲用するものには「食品」の認可が必要になります。皮膚塗布や飲用の場合には、それぞれ認可のある商品を選ぶことが必要です。

通常「精油」は雑貨扱いであり認可は取られていません。精油を皮膚塗布したり飲用したりする場合は、自己責任によって自分自身に行うことが基本となります。そのため、使用上の注意を守り、しっかりした分析表が添付されたものを選ぶことが必要です。

メディカルグレード・アロマオイルとして販売されているメーカーは多数ありますが、吟味した結果、ありがた屋では「ドテラ社」のオイルを取り扱っております。

参考サイト http://www.skincare-univ.com/

■精油が体に吸収される経路

アロマテラピーで用いられる精油の香り成分は揮発性であり脂溶性です。その特性から「気体」と「液体」の2つの形態で体に吸収されます。また、気体として2経路、液体として2経路の計4つの経路を経て体に吸収されるわけですが、下記のような順で作用します。

[気体・経路1]鼻から脳

芳香分子が鼻から吸い込まれ、鼻腔の奥へ到達し嗅覚受容体と結合し電気信号が発生します。その信号が脳の底にある嗅球から大脳辺縁系を経て、大脳・視床下部・下垂体に伝わります。

その結果、大脳からは「感情・情動行動」、視床下部からは「免疫系」「自律神経」、下垂体からは「内分泌系」に作用します。

つまり、ここの段階で、リラックスしたり、気分がよくなったりなどのアロマテラピーの効果が出てくるわけですね。

長い経路に感じますが、このプロセスは瞬時に行われるのがポイントです。

視床下部に代表される脳の各器官は、到達した香りの信号に反応して、ホルモンなどの生理活性物質や免疫系の分泌を促すのですが、その働きによって香りは心身ともに効果をもたらすことが出来るのです。

[気体・経路2]鼻から肺

鼻から吸い込まれた芳香分子が喉を通り、気管に入ります。そこから気管支を経て肺に届きますが、呼吸器である肺胞に取り込まれ細胞膜を通過し、毛細血管に入っていきます。

毛細血管から血流に乗って全身を巡り、大脳辺縁系(その後、大脳と視床下部)、視床下部(直接)、抹消臓器、肝臓に伝わります。

鼻から嗅覚受容体へ伝わる場合と同じく、大脳から「感情・情動行動」、視床下部からは「免疫系」「自律神経」、下垂体からは「内分泌系」に作用しますが、脳だけではなく、各臓器をはじめ体の隅々まで芳香成分が到達することが違うポイントです。

各臓器に到達した芳香成分は脳の経路とは違い、薬理作用として心身に影響を与えます。

[液体・経路1]皮膚から血管

脂溶性である精油の芳香成分は分子が小さく、皮膚に塗布されると容易に皮膚から吸収され毛細血管に溶け込みます。さらに毛細血管から血管に入り血流に乗って全身を巡ります。

※その後は、(気体・経路2)と同様に作用します。

[液体・経路2]口から消化器官

精油は胃や腸などの消化器官からも吸収されます。アロマテラピーが医療として認められている国では、精油をキャリアオイルに溶解して服用、もしくは座薬として投与することもあります。

一般にもティートリーオイルを紅茶やハーブティーに一滴おとしたものが、花粉症の予防や咳止めに使われることがありますが、脂溶性であるため他の医薬品と違う経路で血液に入り体内を巡ります。

同じ精油でも経路によって効果が変わる?

上記のようにアロマテラピーが効く経路は4パターンあるのですが、同じ精油であっても気体として鼻から吸収される場合と液体で肌から吸収される場合では、中枢神経に及ぼす作用が異なる場合があります。

例えばサンダルウッドの精油の場合、主成分のα-サンタロールについては、鼻からの吸収では興奮作用、肌からの吸収では鎮静作用という正反対の作用を示した実験結果があります。

におい分子が発生させた信号が脳に与えた影響と、血液によって体を巡った場合では、薬理作用が変わることが原因ですが、得たい効果の吸収方法を選ぶことも必要になってきます。


一般的なアロマテラピー効果のメカニズム

手軽にアロマテラピーを実感できる方法に芳香浴がありますが、他にも

* ハンカチやティッシュに精油を落として香りを嗅ぐ方法

* 熱で精油を温めて空気中に香りを拡散するオイルウォーマーやアロマライトを用いる方法

* 電動式のエアポンプによる空気圧や超音波で芳香成分を空気中に拡散するアロマディフユーザーを用いた方法

芳香浴はアロマテラピーの中でも、簡単で効果が一番早く現れるおすすめの方法です。

芳香浴が心に効くメカニズムは上記の気体として鼻から脳へ伝わるパターン(気体・経路1)になりますが、鎮静効果の高いクラリセージで説明すると、このようになります。

クラリセージの精鎮静効果が働く経路

1. クラリセージの香りを嗅ぐ

2. 芳香成分が鼻の奥に届く

3. 嗅覚受容体と結合し電気信号

4. 電気信号が脳に届く

5. 脳の視床下部からセロトニンが分泌(セロトニン:自律神経を整え心身の安定や安らぎを与える物質)

6. 心が落ち着いてリラックス効果が得られる

7. 安眠

このように嗅覚→脳に伝わり、アロマテラピーとしての効果が発揮されます。

クラリセージは、セロトニンの分泌を増やす酢酸リナリルの含有率が数あるアロマオイルの中でも一番多く、リラクゼーション効果が高い精油です。


医療に広がるアロマテラピー

近年は医療分野でのアロマテラピーが注目されています。その理由としては、西洋医学では予防・治療のしにくい疾患や症状に効果が見られるからです。

また、アロマテラピーで使用する香りは、多くの人にとって良い香りなので、患者に不快感を与えることがないのも大きなポイントです。

疾患への症状を治めるには下記の2つのアプローチがあります。

アプローチ①

病変や傷ついた患部へのアプローチ

- 患部に直接作用して治癒する作用・殺菌作用や鎮痛作用など

アプローチ②

脳へのアプローチ

- 脳内伝達物質の分泌による精神疾患へのアプローチ

- ホルモンの分泌による女性特有の疾患や不調の改善

- 痛み物質の作用を強める物質(サブスタンスP・プロスタグランジン・ロイコトリエン・サイトカインなど)の発生を抑えることによる鎮痛作用

- 神経細胞をコントロールして、身体の恒常性維持の働きのコントロールによる病気や不調の予防

痛みや不快は脳で感じている現象なので、精油の芳香成分がさまざまな疾患が引き起こす、不快な症状を緩和してくれます。

医療の現場でアロマテラピー効果が期待される疾患

アルツハイマーや認知症の予防・改善

- ローズマリー・カンファー+レモン

- ラベンダー+スイート・オレンジ

この2つのブレンドはアルツハイマー及び認知症改善・予防に効果があるという臨床実験の結果があります。

鳥取大学・神保太樹博士(現昭和大学医学部兼任講師)と浦上克哉教の行った実験では、28日間、朝(ローズマリー・カンファー+レモン)夜(ラベンダー+スイート・オレンジ)それぞれ2時間ずつの使用で認知症患者の8割以上に改善がみられました。

その後アロマテラピーをやめると徐々にもとの状態に戻ることも分っています。

がん

最新の実験では精油成分であるゲラニオールにがん細胞を攻撃する効果が分ってきました。

高血圧

1.がん患者の精神不安を取り除く効果

2.がん性疼痛などに対する鎮痛作用

3.抗がん剤などがん治療における副作用の軽減

ゲラニオールはゼラニウムやローズ、パルマローザなど抗感染症や免疫強化があるとされる精油に多く含まれています。

ラベンダーやイランイラン、ベルガモットのブレンドを4週間吸入し、ストレスホルモンのコチゾールが低下して血圧が下がったという実験結果があります。

芳香成分によるリラックス効果のあるブレンドですが、脳の視床下部に働き、交感神経と副交感神経のバランスが整い血圧が正常に保たれたと考えられます。

「月経困難症」「月経前症状群(PMS)」「更年期障害」

鎮静作用やホルモンバランスを整える作用のある精油が脳に働いて女性ホルモンを調整します。

女性ホルモン調整に効果のある香り

- カモミール

- クラリセージ

- 真正ラベンダー

- ローズ

- ゼラニウム

- サイプレス

- スィート

- オレンジ

切り傷などの痛み

香りの作用で、下記のような痛みを和らげる効果があるのです。

- 切り傷や怪我、火傷などの痛み

- 帯状疱疹や糖尿病によるしびれ

- 神経や体に関係なく、心理的な問題などが原因でおこる痛み

- 脊髄や脳の中枢神経が傷つくことによる痛み

整形外科では、関節炎にもアロマテラピーが利用されています。

痛みを和らげる精油成分と精油

- 「β−ピネン」

ベルガモット、レモン、ローズマリーカンファーなど

- 「ミルセン」

ジンジャー、ローズマリー、グレープフルーツなど

- 「酢酸リナリル」

ベルガモット、ラベンダー、ネロリなど

- 「1,8-シネオール」

バジル、ユーカリ、ペパーミント、ティートリーなど

- 「シトラール」

ゼラニウム、レモングラス、スィートオレンジなど

- 「シトロネラール」

レモン、ユーカリ、レモングラスなど

- 「ジンゲロール」

ジンジャー

アレルギ−性鼻炎

治療の為の長期薬物使用での副作用緩和のために活躍します。

おもに抗炎症作用や鎮静作用のある、ユーカリやティートリーの精油が利用されています。

自律神経失調症

ストレスで交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによる不調ですが、香りが脳の視床下部に働くアロマテラピーが効果的です。自律神経は、好き・嫌い・快・不快の感情に大きく左右されるため、好きな香りを選ぶことがポイントです。

不眠症

不眠に作用する精油成分には、リナロールと酢酸リナリルがあります。

両成分を含有している精油

- コリアンダー

- イランイラン

- 真正ラベンダー

- ラベンダースーパー

- プチグレン

- クラリセージ

などです。

精神疾患

レモンやオレンジなどの柑橘系の香りには抗ストレス作用と抗うつ作用がありますが、アロマテラピーと投薬との併用によって、抗うつ薬の投与量を抑えられたという報告があります。

柑橘系以外にもゼラニウム、クラリセージ、ローズなどの精油が使用されています。

アトピー性皮膚炎

精神的ストレスを抱えている子供に多い疾患で、多くの場合は真正ラベンダーとティートリーが使用されています。

ラベンダーは自律神経の調節、ティートリーで免疫力を高め、抗菌作用、抗ウィルス作用で感染の防御をします。


精油はなぜ効くのでしょうか?

アロマセラピーで精油を使用する場合、主に鼻から匂いを嗅ぐ、マッサージで皮膚から吸収されるという方法で体内に取り込まれますが、体内をめぐる経路は2つ考えられます。

1.鼻から吸入して直接脳神経に働きかける。

芳香成分が電気信号に置き換わって、脳からの様々な物質の分泌を促しています。

ある医療機関が行った脳波実験では、ローマンカモミール油をかがせて5分後には鎮静化をあらわすアルファ波が出現しているのを確認しています。また、真正ラベンダー油を嗅いだあと、心身のリラックスを生み出すセロトニンの血中濃度が明らかに増加する結果も出たそうです。

2.芳香成分が血液中に入り、内蔵をめぐって直接的に臓器に働きかける。

芳香浴の時に鼻から入った香りの成分は気道を経て、肺に取り込まれます。一般に言われる咳を鎮めたり、のどの痛みを抑えたりといったアロマの働きは、気道から肺に取り込まれる過程での作用です。

肺には肺胞と呼ばれる器官があり、香り成分は肺胞の毛細血管から血流に乗って全身を巡り、各種組織へと運ばれていきます。

全身に運ばれた香り成分は、体内の酵素によって代謝反応を受け、新たな機能性分子として生まれ変わり、体内を巡るなどした後、最終的に呼気や汗として排出されたり、あるいは腎臓で濾過されて尿と一緒に体外に排出されるという経路をたどります。

精油を皮膚から吸収させ、血液やリンパ液に送り込むアロママッサージ、内服、座薬という使い方もありますが、これらはすべて血液を介して精油中の芳香成分が作用しています。(日本では精油でマッサージをする際は植物オイルで希釈するように推奨されておりますが、ドテラ社のオイルは一部例外はありますが直接塗布が可能です。)

入浴や化粧品、香水によるアロマセラピーでは鼻から脳へ、肺から皮膚や血液中へという、前記した2つの経路の両方から体に働きかけるため、肌のトラブルや冷えやコリの解消、さらに精神的な症状の改善など体に幅広い効果をもたらすのです。

アロマセラピーは「香りで癒される」など曖昧な表現で説明されていましたが、脳神経へのルート(鼻から吸入すること)も、芳香成分の刺激が肺から、肺胞の毛細血管を通して血流に乗って、ホルモンや神経伝達物質を全身に運ぶことを考えると、いずれの経路でも全身的に作用することがわかります。

アロマセラピーは全身に効くのです。花の香りでうっとりしたり、フルーツの香りに元気をもらったり、森林浴でリラックスしたり、日々の暮らしの中のふとした瞬間に良い香りに出会ったら幸せな気持ちになります。そのように香りを楽しみながら、心にも体にも良い影響を与えてくれるのがアロマテラピーです。

香りが心と体に作用するメカニズム

嗅覚は五感の中でも直接脳に働きかけ、即座に「快」や「不快」を判断します。なぜなら、私たちの祖先の動物達は食べ物とそうでない物を嗅ぎ分け、敵の臭いなどを瞬間的にどちらか判断しなければ生きていけませんでした。

腐敗した食べ物や有害物質、補食される動物の臭いなどを即座に察知しなければ生死に関わるからです。また、危険を察知するだけでなく、子孫を残すための繁殖においても相手のフェロモンを嗅ぎ分けてきました。

その名残が、本能として私達の嗅覚には残っているのです。精油の香りはその「快」の感情から来る心地よさを利用したもので、心と体に良い影響を与えてくれます。